知的障害の方のためのバリアフリー

知的障害の方のためのバリアフリー

バリアフリーを理解するためには、さまざまな障害を知っておかなければなりません。たとえば、知的障害はとてもポピュラーな障害といえるでしょう。先天性や出生時、または後天的に、なんらかの原因で脳に障害を持ち、知的な発達が遅れている状態を指します。発達障害と比べると、似てなくもないですが、知的障害の方がより社会生活が困難な障害といえます。発達障害は基本的な生活を行うことができるのに対して、知的障害は、自分の身の回りのことも誰かにやってもらわなければならない場合があります。他人とのコミュニケーションが困難なことも多く、基本的に支援が必要となります。

しかし、知的障害を持っている人でも社会で活躍している例は多くあります。また、それほど多くの支援がなくても、社会生活を送っていくことができている人も大勢います。

知的障害を持つ人の特徴としては、第一にコミュニケーションが難しいことが挙げられます。自分の考えや気持ちをうまく表現することができず、相手が話していることを理解することができない場合もあるので、普通のコミュニケーションが取りにくいのです。また、難解な話や漠然とした話を理解できないこともあり、基本的な読み書きや計算ができない場合もあります。

    人気サイトのリンク集

  • 豊富な臨床経験を生かして、一人一人にあったオーダーメイド診療を行なう精神科を名古屋で探しているなら、じっくり話をうかがいながら治療方針を立ててくれるので、確かな信頼関係を築きながら安心して治療を任せる事が出来ます。

Copyright(C) バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進 All Rights Reserved.