発達障害の方のためのバリアフリー

発達障害の方のためのバリアフリー

最近、多くの子どもに見つかっているのが、発達障害という障害です。基本的に、発達障害は、少年少女のうちに発症することが多い障害ですが、大人でも同様に発達障害のある人もいます。さらに、発達障害は重複することがよくあるので、1つ1つをよく理解しなければならないでしょう。ただし、人間関係が難しい場合が多いですが、日常的な社会生活を送ることについては問題がないことも多いので、特別なバリアフリーはあまりありません。

たとえば、発達障害には、自閉症、アスペルガー症候群等の広汎性発達障害(PDD)、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障(ADHD)などが挙げられます。特徴としては、独自のこだわりを持っており、それを固持したり、予定外のできごとに対応しにくい傾向があります。また、時間感覚がつかめなかったり、不快なことを我慢できない……相手の話が理解できなかったり、自分の思いをうまく表現できず、コミュニケーションがとりにくい……基本的な読み書きや計算ができない……落ち着かず、そわそわして動き続けないと気が済まない……興味を持ったものは手に触れたりしないと気が済まない……など、その特徴は多岐にわたります。

発達障害は単なる子どものわがままといったイメージもありますが、病院にかかる必要があるものです。

    必見!お勧めWEBサイト

  • 薬に対する心配を十分に聞いた上で適切な薬を処方してくれる精神科を名古屋で探しているなら、病気にかかってしまった方を、なるべく早く良くすることに最善を尽くし、場合によっては患者の希望を踏まえた漢方薬による治療も行なってくれるので安心です。

Copyright(C) バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進 All Rights Reserved.