バリアフリー新法

バリアフリー新法

バリアフリーという概念はどちらかというと、近代的な考え方ですが、バリアフリー新法という法律が施行されたことで、よりバリアフリーが普及するようになりました。現代は福祉に重きを置き、いかなる障害を持つ人でも、人権的な観点から、保護・支援する必要があるとされています。障害を持っている人でも、社会的な生活を送れるようにするのは、とうぜんといった見方ですね。

バリアフリー新法は通称であり、正式にいうと「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」になります。社会的な生活の第一歩としては、街を自由に移動できることが挙げられます。高齢者や障害者は、街を自由に移動することもままならない場合があるので、バリアフリーによって、その障害を取り払う街づくりを行っていこうというものです。

バリアフリー新法が登場するまでは、交通バリアフリー法(「高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律」)という法律により、公共交通機関のバリアフリー化が進められており、また、ハートビル法( 「高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律」)により、建築物のバリアフリー化が進められていました。

    Copyright(C) バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進 All Rights Reserved.