聴覚障害のバリアフリー

聴覚障害のバリアフリー

視覚障害同様、聴覚障害は社会生活を脅かす大変な障害です。また、聴覚障害者には、視覚障害者同様、少しも耳が聞こえない人と、補聴器をつければ聞こえるようになる人がいます。少しも耳が聞こえない人のことを「ろう」といい、補聴器をつければ聞こえるようになる人を難聴といいます。聴覚障害を持っている人の中には、自分の言葉自体聞こえないことから、うまく話すことができない人もいます。聴覚障害というのは、耳が聞こえなくなるだけではないのですね。

聴覚障害を持っている人は特に危険で、危険を察知することができません。あらゆる自然界の動物含め、人間も音を聞いて危険を察知します。自動車が後ろから走ってきても、走行音が聞こえれば注意を向けることができますよね。ところが、聴覚障害を持っている人はそういった危機察知能力が劣っていますから、街を歩くだけでも危険といえるでしょう。

聴覚障害のバリアフリーとしては、施設のアナウンスについて、文字も提示することなどが挙げられます。アナウンスをいくら流したところで、まったく聞こえない人には聞こえませんし、難聴の人には聞き取りづらい可能性があります。そこで、視覚的な情報も提示することで、聴覚障害を持っている人でもわかるようにするのです。

    人気サイトのリンク集

  • 治療のために必要な費用と時間を治療開始前にきっちり明細を出して説明してくれるので安心して治療を受けることができる歯医者を新宿近辺で探しているなら新宿サウス歯科がおすすめです。こういったどうしても高額になってしまう治療にとって最も重要である、気軽に何でも相談できる専門のコンサルタントが多数在籍しているのでぜひご相談してみてください。

Copyright(C) バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進 All Rights Reserved.