車椅子のあれこれ

車椅子のあれこれ

車椅子は、たとえば足に障害を持っている人でも、足代わりにして移動することができる便利な福祉用具です。ところが、車椅子は幅が大きく、段差もそのまま上ることはできないので、街を気軽に移動するのは難しいといえます。そこで、車椅子を使って移動する人も問題なく社会生活を送ることができるように、車椅子でも気軽に移動することができるような仕組みをつくる必要があります。

たとえば、階段は代表的な段差といえますが、車椅子の人では簡単に上ることはできません。しかし、街の中には、階段が無数にあり、階段を通らなければ、まともに街を歩行することはできないといって良いでしょう。そこで、バリアフリーとして、スロープやエレベーターが、ちょっとした段差にも備え付けられているのです。エレベーターも昔は中が狭いものが多かったものの、今では車椅子の方も気軽に乗れるように広くしているものがほとんどです。車椅子はその性質上、階段を上るのはとても難しいですから、もし混んでいても、車椅子に乗っている人がいれば、エレベーターを譲りたいものです。

また、トイレにも、車椅子に乗ったまま入れるようなつくりになっているものがあります。トイレの個室って狭いですから、車椅子のままでは入れないのです。

    こちらのサイトもご覧下さい

  • 毛穴の中にある膿やコメドを排膿、摘出、圧出して根治を目指すにきびを関西で治療してくれる病院を探しているなら、根治治療をおこなうので薬を使用する心配がなく、治療中でも化粧をすることも可能なのでオススメです。

Copyright(C) バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進 All Rights Reserved.